コープハウジング

わたしたちはコープネットグループです。

シロアリ防除 動画でチェック!

  • コープハウジングのコンセプト

シロアリ防除・予防

早期発見と予防がなによりも重要です

シロアリはふだん地中を移動しているために、人が目にすることはめったにありません。
大切な住まいをシロアリ被害から守り、被害を最小限に食い止める方法は、定期的なシロアリ調査と、シロアリやその被害をできるだけ早く発見して退治することです。そして適切な予防策を講じておくことも重要です。
コープハウジングではシロアリ診断やお見積り無料。床下の写真を撮ってその場で状況をご報告します。

住まいへの最大の害虫、シロアリ。気づいたころには大きな被害になっている場合も…

  • ヤマトシロアリ
  • 柔らかい部分を食べ、表面と年輪を残します。
  • シロアリによる食害。
  • 玄関のドア枠はシロアリ被害が多い箇所です。
  • 何年もメンテナンスされていない柱はボロボロに…。
  • 一見ふつうの柱も、シロアリの被害で中はスカスカになっていました。

簡単なシロアリの形跡発見法

シロアリ自身は見つけにくいですが、形跡に気づく方法もあります。

蟻道
シロアリは地中から土でトンネル(蟻道)を作って建物へ侵入してくることが多いので、ときどき、建物の床下や周辺を調べて、基礎や束石・土台などの表面に蟻道がついていないか確かめましょう。

蟻土
シロアリは風や光を嫌い、適当な湿度を保つために、木材の割れ目や継ぎ目に排出物や土砂(蟻土)を運んできて詰めたり、盛り上げたりします。

食痕
シロアリは木材の柔らかい春材部を好んで食べ、硬い秋材部を食い残しますので、木口面では年輪に沿って同心円状の食痕を示します。
明るいところでは木材の表層を残して内部だけを浸食しますので、木材の表面から強く押したり、ドライバーでほじくると、簡単に穴があいたり、こわれたりします。シロアリの被害が進んだ木材は内部が空洞となりますので、木材をハンマーで叩くと空洞音がします。

一見すると同じように見える羽アリも、害を及ぼすシロアリと普通のクロアリでは、見た目がちがいます。

シロアリ工事のQ&A

Q1 使用する薬剤は何ですか。安全ですか?

コープハウジングで主に使用している薬剤は「水性のマイクロカプセル剤」という薬剤です。
「タケロック」「ハチクサン」は「ネオニコチノイド系」で人間や環境にやさしいシロアリ防除専用薬剤です。蒸気圧が低く、よく定着し気化しにくいのが特徴で、お住まいの方の健康を気遣った薬剤といえます。もちろん、「日本しろあり対策協会」認定薬剤です。改正建築基準法で使用禁止された「クロルピリホス」はもちろん人体への悪影響が心配されている「有機リン系」の薬剤は一切使用していません。

Q&A一覧へ

Q2 臭いが気になりませんか?

薬剤は臭いの少ないものを選んで使用しています。しかし、床下で散布しますので、作業中は床下特有のカビの臭いやホコリ臭さがする場合が ありますがしばらくすればおさまります。

Q&A一覧へ

Q3 一度薬剤散布をすると何年くらい有効ですか?

コープハウジングでは5年間の保証をしています。
現在認定されている薬剤は、自然環境に負荷をかけないよう配慮されており、水分や光、熱などの化学的要因と土壌や空気中の微生物などの要因で分解し、ほぼ5年で自然に復元するよう作られています。したがって、大切なお住まいをシロアリの加害からまもるためには5年ごとの施工をおすすめします。

Q&A一覧へ

Q4 シロアリ防除工事をするとゴキブリも出ないって本当?

使用する薬剤によります。床下に散布したシロアリ防除薬剤の成分が、ほんの微量でも、床上の居住空間に上がってくれば、ゴキブリも出にくくなります。コープハウジングで使用している「水性のマイクロカプセル剤」は蒸気圧が非常に低く、居住空間に一切出てきませんので、残念ながらゴキブリには効きません。

Q&A一覧へ

Q5 柱も土台も「ひのき造り」だから「シロアリ」に食われない?

シロアリが好む木材は、松や栂(ツガ)です。確かにひのきはあまり好みません。しかし、周囲に食べる木材がなければ、ひのきも食害されます。特に柔かい辺材・春材部分がよく被害にあっています。

Q&A一覧へ

Q6 軽量鉄骨造・コンクリート造だから大丈夫?

確かに主要構造部材が被害に合うことはありませんので、在来木造住宅や2×4住宅に比べると安心です。
ところが、床下をのぞいて見てください。軽量鉄骨造でも大引・束・根太などに木材がたくさん使われていることに気づかれるでしょう。玄関ドア枠、框、敷居、床そして壁の下地材など、木材が使われていない住宅などないはずです。これらの木材はシロアリにとってみればただの「餌」でしかないのです。

Q&A一覧へ

Q7 土間コンクリート仕様だから心配ない?

コンクリートの下は土壌の湿気が蒸発できず、露地に比べ多湿になっており、シロアリの絶好の住処になっています。経年変化でひびが生じますので、シロアリはその隙間を抜けて、一気に木材を加害します。

Q&A一覧へ

組合員様の声
シロアリ駆除をお願いすること自体初めてのことでしたので、見積りの段階で、ていねいに説明をしていただけたのは、とても安心できました。
施工前の写真を見せていただきましたが、施工後のもあったらさらに安心できたかと思います。今回は、価格、対応ともに満足しております。(組合員様)

以前にもお願いした業者さんでしたので安心してお願いできました。点検に来てくださった方も当日の施工の方も大変感じよく満足できました。
やはりコープブランドがあることが決め手になります。(組合員様)

気持ちよくやっていただけました。
今回とは別に住宅関係のことに関しては、コープハウジングを利用させていただいています。すべて満足しています。安いだけでは後で「しまった!」と思うことも多々ありますが、コープハウジングは信頼に足ると思っています。(組合員様)

施工をお願いしたのは今回で2回目。それは前の施工に満足していたから。
見積りにみえた方の応対、客の立場に立ったプランニング説明に誠実さがうかがえ、とても好感を持った。顧客の立場に立つということはともすると媚びることにもつながりかねない微妙な難しさがあると思います。そのかねあいはかなり難しいことだと思うのです。
作業中は黙々と仕事されていたこと。寒い日だったので終わった後お茶を一杯用意したのだが、事務処理が終えるまでは手を付けず、きっちりけじめをつけてた(当り前のことができてないことが多いので)。
施工後の確認事項の電話に出られた方の丁寧な応対は素晴らしかった。しかも年頃は予想通り30代。施工にみえた方も資格を持って30そこそこ、新人の方は20代か? 自分の子どものような年代がしっかりとした仕事をされていることに感慨深いものがありました。この方たちが今後もより良い仕事されるよう、陰ながら応援しています。
※次回もコープさんにお願いするつもりです。(組合員様)

今回は、前回(5年前)と同じ業者で、コープを通じて頼むつもりだったので、他社との比較はしていません。床下の工事なので、自分の目では確かめないところであることが、気になりますが、説明や床の上(室内)からの気配で推測しました。概ね納得しています。(組合員様)

見積の際に床下のビデオ撮影にによる床下の状況を私どもの聞きたいことを分かりやすく説明いただきました。後片付けや床下への出入り口の部屋の中はていねいに掃除機をかけてくださり申し訳ないくらいでした。代金もデリ宅配からの引き落としができるようになり便利になりました。(組合員様)
ページトップへ